在籍確認なしのキャッシング

大手金融なら必要書類提出で
職場に電話連絡がこない!
↓ ↓ ↓ ↓

111



 

突然の出費などでお金がなくなったときに、すぐにお金を借りる方法として便利な消費者金融や銀行のカードローン。

カードローン利用者は昔に比べて非常に多くなりました。

しかし、消費者金融・銀行などのカードローンでお金を借りるには「金融会社による融資審査」に通過しなければいけません。

そしてその際、働いている勤務先に「在籍確認」として電話連絡が行くのが基本です。
 

借金が職場でバレる

ただ、この仕事場への在籍確認の電話により「借金しようとしている」ことが、上司や同僚にバレてしまっては困るという人は多いでしょう。

できれば在籍確認なしの消費者金融・銀行でお金を借りたいと思っている人は多いのではないでしょうか?

では、実際に職場への在籍確認の電話がなしの消費者金融・銀行などはあるのでしょうか?
 

必要書類を出せば在籍確認電話なしの消費者金融も

在籍確認の電話をなしにできる!?
 
まず、結論から言うと「条件」をちゃんと満たせば「在籍確認の電話連絡なし」にすることは可能な大手消費者金融はいくつかあります。

ただ、在籍確認自体がなしになるわけではないのでご注意を。
では、消費者金融などで在籍確認電話なしにするための条件とはどのようなものなのでしょうか?

それは「会社の社員証」または「会社の健康保険証」などを審査時に事前に提出するということです。

 
社員証の提出で在籍確認電話なしに!
 
社員証や健康保険証というのは、その会社に本当に在籍していなければ持つことはできません。

ですので、それを提出しすれば「ちゃんとその職場で働いている」という確固たる証拠となるわけです。
そうなると、消費者金融などとしてはわざわざ申込者の職場に在籍確認の電話をする必要はありません。

そのため、在籍確認の電話連絡なしでもOKというわけなのです。
 

必ず在籍確認の電話なしになるわけではない!?

大手カードローンでないと在籍確認電話はある

ただし、多くの場合アコム・プロミスなどの大手消費者金融や大手の有名銀行のカードローンでなければ、この方法は対応していない場合があります。

中小のサラ金業者や消費者金融、地方銀行のカードローンであれば、在籍確認なしにできず必ず電話連絡が来るでしょう。
 

必ず在籍確認の電話なしにはならない!?

また、仮に大手の消費者金融だとしても、キャッシング申込者が過去に返済遅延があったり、他社借入が多い場合などは在籍確認の電話がなしにならない場合もあります。

条件を満たせば100%在籍確認なしになるわけではありませんのでご注意を。
このように、特定の条件を満たせば在籍確認の電話が不要になる消費者金融も多少はあります。

もし、どうしても勤務先に電話連絡が来るのがイヤなのであれば、大手消費者金融を利用し、在籍確認の電話をなしにしましょう。
 

在籍確認でバレたときの職場への言い訳は?

カードローン会社名は名乗らない

ちなみに、仮に在籍確認の電話連絡が来たとしても、「消費者金融の名前」を直接名乗ることはほぼありません。

担当の苗字などで電話をかけてきますので、職場の人に「消費者金融を利用しようとしている」というのがばれる心配はそこまでないといってよいでしょう。

ただ、中には金融業社名を直接名乗ってくる中小の消費者金融もあるようです。

その点は、申し込みする時にちゃんと確認したほうが良いでしょう。
では、もし消費者金融の在籍確認などで職場の人にバレそうにになった場合、どのような言い訳をすればよいのでしょうか?

ここでオススメなのが「クレジットカードを作ったので、その在籍確認の電話だと思います」という言い訳が良いでしょう。

クレカであれば、一般的なイメージとして特にやましい感じはしないでしょう。

そのほか、「友人からの電話だと思います」の一点張りで押し通すのもいいでしょう。

それ以外だと「よくわからない通販の勧誘みたいです汗」とシラを切るのもありだと思います。
ただ、基本的には在籍確認の電話が消費者金融からかかってきたとしても、そこまで追求してくる人はいないのではないでしょうか?

あまりオドオドせず堂々としていた方が、かえって在籍確認の電話はばれないかと思います。
 

在籍確認がなしの消費者金融ってあるの?

在籍確認なしの消費者金融はある?

消費者金融や中小サラ金などで「在籍確認自体がない」という金融はあるのでしょうか?

無職などの働いていない人からすれば、在籍確認があれば100%審査に落とされてしまいます。

そのため「在籍確認が全くない消費者金融」を探している人もいるのではないでしょうか?

結論から言いますと、在籍確認がない消費者金融はありません。
在籍確認というのは「申込者が仕事を本当にしているのか?」ということの裏付け調査のようなものです。

消費者金融側としては、働いていない「返済ができない人」にお金を貸すわけにはいきません。

返済してもらえないのであれば、消費者金融側の経営に大きく響くからです。

そのため、必ず申込者が働いているかを確かめるのです。
例えば、闇金のような違法な金融業者だとしても、必ず在籍確認は行います。

ヤミ金ウシジマくんなどでも、作中でたびたび申込者の職場に偽名を使って電話をしているシーンがあります。

このように、仮に審査が甘いヤミ金や中小の消費者金融といえど在籍確認は必ず行われるのです。

在籍確認なしでは消費者金融でお金を借りれないと考えておいた方がよいでしょう。

土日は消費者金融から在籍確認の電話は来る?

土日の在籍確認

例えばですが、土日や休日などに消費者金融に審査申込をした場合、在籍確認の電話などはかかってくるのでしょうか?

まず、土日は契約ができない中小の消費者金融などでは、審査自体を行っていないため在籍確認が行われることはありません。
 

次に、自動契約機などで土日も契約できる大手消費者金融についてですが、審査や契約は可能なため在籍確認は行われます。

ただ、土日がお休みの職場では、仮に消費者金融側から在籍確認の電話がかかってきたとしても、誰も出ることはできません。

その場合、改めて週明けに消費者金融側から在籍確認の電話が再度行くことになります。
こうなると「週明けまでは契約できずお金を借りれない」という事態になってしまう場合もあるようです。

しかし、このときに「会社の社員証・保険証」などのコピーを提出していれば、「限度額が低めだが先に借りれる」という場合もあります。

ただし、これは必ず借りれるというわけではありません。

消費者金融の審査によっては週明けまで保留になり、在籍確認が取れ次第お金を借りれるということもあるようです。

ですが、基本的には土日でも消費者金融からの在籍確認は行われるため、在籍確認が取れれば問題なくお金を借りることは可能です。

派遣社員は在籍確認の電話先は要注意!

派遣社員の在籍確認

派遣社員や契約社員の方が消費者金融のカードローン審査に申込む場合、1つ注意点があります。

それは「在籍確認の電話連絡先」についてです。
派遣社員や契約社員の場合、まず派遣会社に登録を行い、そこから各企業に派遣され働いています。

では、もし消費者金融の審査に申込む場合、在籍確認の電話連絡先は「派遣元の会社」と「現在の派遣先」のどちらにすればいいのでしょうか?

これに関してですが、在籍確認の電話連絡先は「派遣元の派遣会社」にしましょう。
もし仮に「現在の派遣先の企業」に在籍確認の電話が行ってしまった場合、電話にでた人が派遣社員や契約社員のことまで把握していない場合があります。

そうなると、「在籍確認が取れなかった」ということになり、審査落ちしかねません。

ですので、派遣・契約社員の人は在籍確認の電話連絡先は良く注意するようにしましょう。

111