ブラックリストでも融資可能

ブラックでもキャッシングOKの消費者金融や銀行系カードローンはあるのでしょうか?

「ブラック」とは信用情報機関に事故情報として登録されたブラックリストのことを指します。

事故情報と言っても交通事故ではなく「お金に関するいわゆる金融事故」のこと言います。

具体的に金融事故とは、任意整理や自己破産など「債務整理」と呼ばれる法的整理を行うこと。

また、クレジットカードやカードローンの返済遅延をした場合にブラックリストに登録されます。

 

事故情報として登録されると一定期間ローンや融資を受けることが利用できなくなります。

事故内容によって期間は異なりますが、債務整理・自己破産・任意整理の場合ですと信用情報は5年~10年は消えません。

融資を受けることやローンが一生組めないわけではありませんが、不便になることは間違いないでしょう。

上述した信用情報機関にカードローン会社や金融機関は加盟する事が義務付けられています。

ですから「利用申込者がブラックリストに載っていないか?」などの個人情報を知ることが出来るのです。

審査時にはこの個人情報を参照した上で融資決定をしますので、当然ブラックなどの事故情報が載っている方は審査に落ちてしまい、融資を受けることはできません。

また「申し込みブラック」の方も審査に通過するのは難しいと言われています。

一度に何社も申し込みされる方を申し込みブラックと呼びますが、このような方は切羽詰まっている状態でお金に困っていると思われ、融資を断られやすいです。

他にもブラックではないけど「複数社から借り入れしている多重債務者」も融資を受けることは難しいでしょう。

 

このように銀行は勿論ですが、大手消費者金融など「まとまな金融機関」のカードローンであれば、基本的にはブラックの人がお金を借りれることはまずありません。

しかし中には「ブラックでも融資OK」なブラック対応の消費者金融やサラ金業者もあるようです

ただ、そういった貸金業者は「違法な金利のサラ金業者の場合もあるようなので注意しましょう。

通常ではあり得ない金利で貸付を行なっており、利息の支払だけで借金そのものが中々減りません。

中には闇金も紛れていますから非常に危険です。

逆に向こうから勧誘をしてくることもあり、注意しなければいけません。

例えばですが、仮に自己破産をすると官報に自己破産者の名前等が載ります。

この官報はだれでも閲覧することが出来ますので、闇金融などはこの官報を元にリストを取り、勧誘を行なっているのです。

 

ですので、もし優良金融でできるだけ審査が緩めの金融を探したいのであれば、「審査の甘い優良な消費者金融」を紹介してくれる紹介サイトなどを上手く利用するのが良いでしょう。

まずは紹介サイトのHPをチェックしてみてくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓


日本多重債務者貸金組合