母子家庭でもお金を借りたい

↓ ↓ ↓ ↓

アイフル
アイフル

公式サイトはコチラ

Mrカードローン
Mrカードローン

公式サイトはコチラ

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン

公式サイトはコチラ

母子家庭だけどキャッシングでお金借りたい、と考えている方は意外と多いのではないでしょうか?

ですがローンを組むことはハードルが高いと感じる方も多く、お金借りたいと思っていても諦めてしまう方も多いようです。

そこで今回は母子家庭がキャッシングする方法について解説していきたいと思います。

お金借りたいと検討中の方は是非参考にしてくださいね。

母子家庭がお金を借りる利用条件は?

キャッシングでお金借りたいと思っても誰でも簡単に借りれるわけではありません。

お金がないから簡単に貸してくれるなんてことはなく、融資を受けるにも条件と審査があります。

キャッシングの利用条件は「満20歳以上であること」と「安定した継続収入があること」の2点となります。

基本的にこの2つの条件を満たしていれば申し込みが可能で、その後、審査によって最終的に融資可能かどうかの判断を下します。

片親だからとか離婚歴があるから無理とキャッシングに申し込むのを躊躇ってしまう方も少なく無いですが、そのような制限は特にありませんので気にせず申込んでみると良いでしょう。

キャッシングは他のローンとは違い担保も保証人も不要です。

ローンは担保と保証人がないと組めないと思っている方も多く、それを理由にキャッシングを諦めてしまう方もいるようです。

しかしキャッシングに限っては無担保で良いので、お金がないといった時でも気軽に利用できます。

母子家庭がお金を借りたい場合、審査は通る?

キャッシングの利用条件を満たしているだけでは融資は受けられません。

融資の申込をすると金融機関によって審査が行われ、そこで申し込み者に対して融資可能かどうかを決めるのです。

審査の基準は金融機関ごとに違いますので、「この条件だけクリアしていればどこでも借りれる」といったものはありません。

また審査基準自体も公表されていないので、審査通過するための具体的な対策も取ることが出来ません。

ただ審査で重視される項目というのは実はある程度決まっていますので、まずはその部分だけでも抑えておくと良いです。

キャッシングは返済を前提として契約です。

しかも返済は元金に利息を付けて払う必要があります。

ですから借りた分と利息を支払えるだけの資力つまり返済能力が必要となります。

返済能力の有無は主に収入と勤続年数で判断されます。

収入と聞くと金額ばかりを気にしがちですが、ここで重要となるのは安定性です。

如何に収入が安定しているかが重要で、毎月一定金額をもらえているかどうか、これをクリアしていないと審査通過は厳しいです。

更に勤続年数によっても収入の安定性は変わってきます。

基本的には1年以上の勤続年数がないと収入は安定していると見なされません。

やはり1つの職場に長く勤務している方が仕事が安定しているといえ、その結果として収入も安定しているといえるのです。

因みに雇用形態は特に重要ではありません。

ローンは正社員じゃないと組めないんなんて思っているかもしれませんが、カードローンに関しては雇用形態を制限している金融機関は殆どありません。

重要なのは返済能力があるかどうかですので、アルバイトやパートでも安定的な収入があれば審査通過の可能性は十分にあります。

審査では返済能力だけでなく信用力も重要となります。

いくら返済可能な資力があってもその人が信用出来ない人間だと分かれば融資はしません。

では何を基準にして信用できるのかどうかを判断しているのか?

それは信用情報です。

信用情報とはローンやクレジットの利用履歴のことを言い、指定信用情報機関と言う機関でそれぞれ個人の情報が管理保持されています。

金融機関は指定信用情報機関を通して審査時に申し込み者の信用情報を確認しています。

信用情報で特に重要となるのが返済履歴です。

返済を期日を過ぎずにきちんと返済できていると評価は高くなります。

要するに約束を守れる人間かどうかを見ているわけで、返済日を守れているということはある程度信用に値するといえるわけです。

逆に返済日を過ぎての支払いだったり、遅滞をしている人は約束を守れていないわけですから信用出来ないといえます。

この人に貸し付けたら同じように返してもらえない可能性が高いと判断するわけです。

返済遅滞は一度でもあると審査通過は厳しくなりますので注意しましょう。

以上が審査で特に重視される項目です。

金融機関ごとに審査基準は違いますので、あくまで参考程度に捉えていただければと思います。

キャッシングは取扱う金融機関によって特性が異なります。

銀行なら低金利で借りれるので利息負担が少なくて済みますので返済が楽です。

ただ申し込みから融資までにやや時間がかかるのでお金がないから急ぎで借りたいという場合には不向きです。

消費者金融は銀行の逆で金利は高めですから返済時の利息負担は大きくなります。

但しその分対応が早く、申し込んだその日にお金を借りる事が出来ます。

どちらにもメリット・デメリットはありますが、自分の状況にあったキャッシングを選ぶと良いですよ。