セディナのカードローン

セディナよりお得かも!?
人気カードローンも比較しよう!
↓ ↓ ↓ ↓

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン

公式サイトはコチラ

じぶん銀行カードローン
じぶん銀行カードローン

公式サイトはコチラ

クレジットカードでお馴染みのセディナが提供するカードローン。

審査申込をする前に気になるのがセディナが定める審査基準かと思います。

 

セディナのカードローンは審査が甘いのでしょうか?

カードローンの審査は一般的に「銀行カードローン⇒信販系⇒消費者金融系」の順に審査が厳しめと言われています。

消費者金融が単純に審査が緩いわけということではありませんが、銀行系や信販系は審査落ちしたけど消費者金融は通過できたという方が多いのです。

セディナは信販会社ですから上述したように、銀行系の次に審査に通るのが難しいカードローンです。

正社員であれば比較的審査には通りやすいのかもしれませんが、信販系は使いにくいというデメリットがあります。

 

また、カードローンを利用する方の中にはすぐにでもお金を借りたいと言う方は多いかと思います。

セディナのような信販系のように審査が厳しいと融資実行までに時間がかかり、その日のうちに借入れ出来る可能性は低いです。

特に急ぎではなく万が一の時のために持っておきたいという方であればセディナでカードローンを作るのも良いでしょう。

またセディナのような信販系は総量規制外ですので年収の3分の1以上の借入れも可能です。

ある程度まとまった資金が必要という方にも向いています。

 

しかし、いま直ぐにでもキャッシングをご希望であれば、セディナのカードローンよりも大手消費者金融のカードローンに申し込んだほうが賢い選択かもしれません。

安定した年収があり、勤続年数も1年以上、信用情報も良好という方であれば非正社員でも審査通過は難しくありません。

ただし、クレジットカードをお持ちの方で、過去に返済を遅延してしまったという方は審査に落ちる可能性が高くなります。

信用情報は指定信用情報機関にて共有されており、返済を遅延したり借金を踏み倒したりすると「事故情報」として記録されます。

セディナはもちろん、多くの貸金業者等は指定信用情報機関に加盟していますので、調べれば直ぐに分かってしまうのです。

 

最後に、同じ消費者金融系でも「中小街金などのカードローン」には手を出さないほうが無難です。

中小の消費者金融には悪質な金融業者が多いですから、借金地獄に陥ってしまう可能性が高く非常に危険です。

利用するのであれば大手の消費者金融のカードローンが良いでしょう。

セディナのカードローンも非常にオススメですが、ぜひ色々検討してみてくださいね。

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン

公式サイトはコチラ

じぶん銀行カードローン
じぶん銀行カードローン

公式サイトはコチラ