風俗嬢のキャッシング

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン

公式サイトはコチラ

じぶん銀行カードローン
じぶん銀行カードローン

公式サイトはコチラ

 

条件を満たせば風俗嬢でもキャッシングで借りれる!

風俗嬢でも借りれるの?

デリヘル・ソープ・ホテヘルなどの風俗店に勤める夜の仕事、風俗嬢。

では、そんな水商売の風俗嬢でもカードローンやキャッシングでお金を借りることはできるのでしょうか?
 

まず、大手の消費者金融のキャッシングでしたら、風俗嬢だとしても「満20歳以上で働いていて毎月安定的な収入がある」のであれば、基本的にはキャッシングやお金を借りることは出来ます。

もちろん融資審査が必要ですが、過去に金融事故(返済遅延や多重債務)を起こしていなく、総量規制内でしたら問題無いでしょう。

最近では大手銀行のカードローンでも「個人向けキャッシング商品」を提供していますが、銀行カードローンは審査が比較的厳しく、正社員として働いていたとしても融資や借り入れを断られてしまうこともあります。

やはり利用しやすさから考えると風俗嬢のキャッシングであれば、テレビCMや広告などの大手消費者金融でのキャッシングがオススメです。
 

風俗嬢はキャッシング審査が厳しくなるの?

風俗嬢だと融資審査は厳しくなる?

上記でも述べたとおり、ちゃんと働いていて毎月安定収入があるのであれば、審査上は風俗嬢のキャッシングは大丈夫です。

風俗勤務の風俗嬢は少々特殊な業種となりますが、きちんと収入をもらっているワケですから、銀行や消費者金融などで審査の上、ある程度まとまった金額を借りることは可能なのです。

ですが、やはり「夜の仕事」ですから、風俗嬢のキャッシングだと審査基準が厳しくなったりするのではないかと不安に思う人もいるでしょう。

結論から言うと、特にそんなことはありません。

ただし、「ちゃんと継続的に勤務していて安定収入がある」ということが非常に重要となります。
 

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン

公式サイトはコチラ

じぶん銀行カードローン
じぶん銀行カードローン

公式サイトはコチラ

 

日雇いバイトの風俗嬢はキャッシングできない!?

体験入店の風俗嬢は借り入れは厳しい

風俗嬢だからキャッシング審査が極端に厳しくなることはありません。

ですが、それは「継続的に働いている風俗嬢」の場合です。
 

風俗嬢の中には「体験入店でその日だけお店で働き、日払いでお金をもらう」という風俗嬢も中にはいるでしょう。

この「日雇いバイト的に風俗店で働いている人」や「体験入店だけして風俗店を転々としている人」は審査通過は難しくなります。

理由としては、「職場がコロコロ変わる人はいつ無職になるか分からない=返済ができない人になるかも知れない」と判断されてしまうからです。
 

金融業者としては、とにかく「返済ができない人にお金を貸す」というのが一番NGです。

ですので、ある程度の期間、継続的に同じ風俗店で働いていなければ、風俗嬢は審査通過できないと考えた方が良いかもしれません。
 

ただし、ちゃんと継続的に風俗店で働いているのであれば、審査に通り、風俗嬢でもキャッシングすることは十分可能なのです。

最近では、多くの金融会社で「レディースキャッシング」と呼ばれる「女性担当者がすべての対応を行なう」というサービスもあるので、風俗嬢の方もぜひ利用するのがオススメですよ。
 

風俗嬢の在籍確認は本名?源氏名ではムリ?

在籍確認は源氏名ではムリ?

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン

公式サイトはコチラ

じぶん銀行カードローン
じぶん銀行カードローン

公式サイトはコチラ


 

基本的には「毎月安定した収入」があれば、どのような職業でもキャッシングできる大手消費者金融ですが、キャッシングの審査の時には必ず「在籍確認」というものが行われます。

この、在籍確認というのは「本当に風俗嬢として仕事をしているのか?」をチェックするために、消費者金融や銀行の審査担当者から個人名でお店に「在籍確認の電話」がかかってくるのです。

在籍確認といいましても、キャッシング申込者がそこで働いていることが証明出来れば良いので、風俗嬢本人がその電話にでなくてはいけない、というわけではありません。

金融業者の担当から「●●さんはいますか?」という在籍確認の電話に対し、自分以外の誰かが電話に出て「今は出掛けています」という対応で在籍確認の電話はOKなのです。
 

ちなみに、この時キャッシング業者側が「金融の名前」を言うことはまずありません。

基本的には「スズキといいますが●●さんはいますか?」といった「電話担当者の個人の苗字」で在籍確認電話をしてくることがほとんどです。

そのため、働いている風俗店の店長やキャストなどに「金融業者から借金をしている」というのがバレることはまずあり得ません。
 

ここで気になるのが、「風俗店に在籍確認がかかってくる際に、本名できかれるのか?源氏名でOKなのか?」ということです。

結論からいえば、「源氏名のみでの在籍確認はできない」というキャッシング業者がほとんどです。

ただし、大手消費者金融であれば、事前に風俗店で働いている事情を伝え相談しておけば、「本名+源氏名」での在籍確認は可能だそうです。

これにより、風俗店に在籍確認の電話がかかってきた際に、「本名で聞かれて、電話に出た風俗店従業員が誰かわからず、在籍確認が取れなかった」ということは無くなるでしょう。
 

ちなみに、風俗店で働いている場合、お店の営業時間は夜なのがほとんどです。

その場合、大手消費者金融であれば相談次第で「夜に在籍確認の電話」をかけてくれるところもあります。

在籍確認の電話が完了しなければ審査通過はできませんので、かけてくる時間帯についても、キャッシング審査の担当者とちゃんと打ち合わせをしておくのがオススメです。
 

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン

公式サイトはコチラ

じぶん銀行カードローン
じぶん銀行カードローン

公式サイトはコチラ

 

風俗嬢が在籍確認の電話なしにするのは難しい

風俗嬢が在籍確認なしにするのは難しい

このように、公務員であろうが風俗嬢だろうがキャッシングの審査に申込む際には必ず「在籍確認」が行われます。

ですが、「会社の社員証」や「会社の健康保険証」を事前にキャッシング業者に提出しておけば、在籍確認の「電話なし」で審査を受けることは可能という大手カードローン会社はあります。
 

ただ、デリヘルやソープなどで働いている風俗嬢の場合、正社員で無いことがほとんどです。

また、仮に正社員的な扱いで働いていたとしても、風俗店で社員証があるところは非常に少ないでしょう。

ですので、現実的に考えると風俗嬢がお金を借りる場合、在籍確認の電話は避けられないと考えた方がよいでしょう。
 

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン

公式サイトはコチラ

じぶん銀行カードローン
じぶん銀行カードローン

公式サイトはコチラ

 

風俗嬢のアリバイ偽造会社の利用は危険!

アリバイ偽造会社の利用は危険!

風俗嬢でキャッシングしたいという人の中には「在籍確認電話がイヤだ」という思いから「アリバイ偽造会社」を利用する人も少なくはありません。

アリバイ偽造会社というのは、利用者のアリバイを偽り、賃貸契約などを結ぶ業者のことです。

このアリバイ偽造会社などを利用する風俗嬢も多いようですが、実は違法になる場合もあり、利用するのは絶対避けた方がよいでしょう。
 

仮にアリバイ偽造会社を利用し在籍確認を通過したとしても、バレた時に詐称罪などで訴えられることもあります。

また、アリバイ会社の利用がバレれば審査では100%落され、かつ他のカードローン会社やキャッシング業者からブラックリストとしてマークされる事になります。

そうなれば、この先お金を借りれるところは無くなってしまうでしょう。
 

風俗嬢だからといってキャッシングできないということはありません。

ヘタにアリバイ偽造会社に手を出し、大きなしっぺ返しを受ければ元も子もありません。

条件をちゃんと満たしているのであれば、まずはキャッシング審査に申し込んでみてくださいね。
 

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン

公式サイトはコチラ

じぶん銀行カードローン
じぶん銀行カードローン

公式サイトはコチラ

 

風俗店の「給料明細書」は用意しておいたほうが良い?!

風俗嬢は給料明細が収入証明になる?

カードローンやキャッシングなどの審査で必要なものは、基本的には「本人確認証(運転免許証やパスポート)のみでOK」というところが多いです。

ですが、50万円などの大きな借り入れを希望する場合、「収入証明書」を提出する場合があります。

それ以外にも、「本当に働いているのか怪しい」と審査で判断されれば「収入証明書」を提出しなければならない場合もあります。
 

そして、風俗嬢がキャッシング審査に申込む際にも「収入証明書の提出」を求められる場合があります。

また、「どうしても在籍確認の電話がイヤだ」ということで、「個人事業主」としてお金を借りる風俗嬢の人もいます。

その場合、「個人事業主はカードローン審査では収入証明をする必要がある」ので、収入証明書を提出しなければいけません。
 

その際に、「現在働いている風俗店のお店の給料明細書」が収入証明書として認められる場合があります。

多くの場合、直近で2カ月分の給料明細書が必要ですが、確定申告の写しなどよりも比較的用意しやすいので、給料明細書の方がオススメです。
 

ただ、「給料明細書なんてもらってない!」「給料明細書は捨てちゃった」という風俗嬢の人も多いでしょう。

その場合、働いている風俗店の店長などにお願いすれば再発行してくれるはずですので、まずは頼んでみましょう。

ただし、その風俗店のお店の名前が記載されていなければ無効となってしまうので、よく確認しましょう。

このように、風俗嬢のキャッシングでは収入証明が必要となる場合があるので注意しましょう。

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン

公式サイトはコチラ

じぶん銀行カードローン
じぶん銀行カードローン

公式サイトはコチラ