カードローン借り換え1

複数のカードローンを借り換えやおまとめローンで1つにすることは様々なメリットがあります。

しかし安易に借り換えするのは危険です。

と言うのも場合に寄っては借り換え前よりも返済がきつくなることもあるからです。

一度借り替えしてしまうと当然キャンセルは出来ませんので、まずはメリットとデメリットを良く理解し、どのような事に気をつければよいのか確認しておきましょう。

カードローンの借り換えの一番のメリットは何と言っても返済負担が軽くなることです。

金利の安いローンへと借り換えればその分金利差が生じ支払総額を減額させることが出来ます。

毎月の返済額が同じであっても金利が安くなれば元金充当額が大きくなりますから、その分早く残高が減り返済も早く終わります。

そしてもう1つのメリットは管理が楽になることです。

他社借入があるとそれぞれ返済日や返済方法が異なりますので非常に面倒です。

管理しにくくうっかり返済日を忘れていたなんてことにもなりかねません。

返済先が1社だけになれば返済忘れも無くなりますし何よりも管理が楽になりますよね。

カードローン借り換え2

逆にデメリットは、まず審査基準が厳しいことが挙げられます。

カードローンの審査は融資金額が高くなるほど厳しくなります。

無担保無保証で貸付するわけですから、万が一返済できなくなっても貸金業者は他の債権回収方法がありませんので被害を被ってしまいます。

万が一のことも考え融資金額は始めは少額からスタートし、徐々に増額していくというスタンスを取っています。

ですから融資金額が高くなるほど貸金業者が抱えるリスクは高くなるため、審査は必然的に慎重にならざるをえないのです。

借り換え前は返済期日を守れていても借り換え後に期日を守れなくなることもあり得ますので、このようなことも考え審査はより厳しいものとなります。

特に低金利で貸し付けを行う銀行カードローンはかなりハードルが上がると思って良いです。

但し消費者金融の審査が決して甘いわけではありませんので、その点は勘違いされないように。

カードローン借り換え3

もう1つのデメリットは追加の借入が出来ないことです。

カードローンの借り換えは返済負担を軽減し出来るだけ早く完済することです。

その為、借り換えのために借り入れしたローンは返済のみで追加の借り入れが出来ない場合が多いです。

返済途中でお金が必要になっても借りることが出来ないのです。

ただしこれはメリットと取ることも出来ます。

カードローンは限度額内であれば繰り返し借入が可能です。

しかも借入は普段利用しているコンビニのatmなどで気軽に利用できます。

その便利さから必要もないのに、ついつい借りてしまい借癖が付きやすいです。

これが原因で多重債務になってしまった方は数知れず。

そしてこの問題を解決するために借り換えをしたのにまた借金を作ってしまっては、また同じことを繰り返す恐れがあります。

そうならないためにも、借換ローンは返済専用としているのです。

そう考えると追加の借り入れが出来ないことは、デメリットよりもむしろメリットのほうが強いといえるかもしれませんね。

カードローン借り換え4

借り換えをする際の注意点は、まず1つ目に業者選びにあります。

カードローン借り換えのポイントは金利の安いところへ借り換えすることです。

わざわざ既存のローンの金利より高いところへ借り換えする人はいないでしょう。

ですがあまりにも金利が安いところは注意しなければいけません。

銀行でもない名前も知らないような業者が、銀行と変わらない低金利で借り換えをしているのを時折見かけます。

基本的に銀行以外で低金利で借り換えが出来るどころはありません。

しかも名前の聞いたことのない業者となれば尚更疑わざるを得ません。

こういった業者に引っかからないよう十分に注意しましょう。

カードローン借り換え5

また、金融業者によっては返済期間が長く設定されているところもあります。

返済期間を長く設定すれば毎月の返済額は少なくなりますので、負担を軽減できるという意味では間違っていません。

しかその分利息も払い続けなければいけませんので、結果的に総支払額が借り換え前よりも多くなってしまい損してしまう可能性があるのです。

最も借り換えの目的が月々の返済額の負担軽減で、結果的に総支払額が多くなっても構わないというのであれば、それはそれば良いかと思います。

しかし借り換えの目的が総支払額の軽減であれば、返済期間もよく確認した上で手続きするようにしましょう。

借り換えをする場合、必然的に借入金額が高額となります。

場合によっては総量規制の上限以上になることも考えられます。

そうなると消費者金融での借入は出来ないのが普通ですが、借換目的の場合は例外扱いとなり総量規制の上限を超えた借入も可能となります。

但しこの場合は、返済専用となり追加の借入はできなくなりますので、その点を理解した上で借り換え専用ローンを利用しましょう。

銀行の場合は総量規制の対象となりませんので、借換専用でなくても通常のカードローンでの借換も可能です。

使いの借入も可能です。

おまとめ後も借り入れを考えているのであれば、銀行で借り換えすると良いでしょう。