公務員

↓ ↓ ↓ ↓

住信SBIネット銀行 Mrカードローン
mrカードローン

公式サイトはコチラ

じぶん銀行カードローン
じぶん銀行カードローン

公式サイトはコチラ

公務員がカードローンでキャッシングするにはどんなことに注意すればよいのでしょうか?

カードローンは安定収入があることが必須条件となりますが、国家公務員や地方公務員は誰もが認める安定職業ですから、いとも簡単に審査通過できそうですよね?

しかし安定職業と言ってもカードローンを利用するにはいくつか注意すべきこともあります。

ここでは公務員のカードローンについて解説していきます。

公務員がカードローン審査に通過するための条件

カードローンの審査基準は各金融機関によって様々です。
しかしどの金融機関でも共通している基準がいくつかあります。

まず1つ目に安定した収入があるかどうかです。
冒頭でもお伝えした通り、安定収入があることはカードローンを利用する上で前提条件となるもの。

安定収入がないと借りたお金を返せませんので当然のことと言えます。
公務員はあらゆる職種の中でも最も安定感のある職業で収入の安定性はピカイチといえるのではないでしょうか?

景気に左右されることのない職種は公務員ぐらいではないでしょうか。
離職率も非常に低いことからも如何に公務員という仕事が安定的かが伺えますね。

2つ目に金融事故を起こしていない事です。
ローンやクレジットカードを利用したことがあるという方が殆どかと思いますが、それらの支払いを遅れずに出来ているでしょうか?
カードローンの審査では他社の利用履歴をかならず確認し、そこで申し込み者が信用できる人間かどうかを見極めています。
返済滞納などの金融事故を起こしている人は同じことを繰り返す可能性があるので信用出来ないと判断する可能性が非常に高く、審査に落ちやすくなります。

3つ目に他社借入の有無です。
既に他の金融機関から借り入れしているとなると審査は厳しくなります。

いくら公務員であろうと返済能力を超えた貸し付けをするわけには行きませんから、金融機関もかなり慎重に審査を行います。

もちろん他社借入があるから審査には通らないというわけではありませんが、借入件数が多いとそれだけハードルは高くなるということは覚えておきましょう。

公務員でもお金を借りれない場合とは?

公務員ならどのカードローンでもかならず審査通過できるかと言えば決してそんな事はありません。
確かに公務員はカードローンを利用しやすい環境が整っていますが、審査に不利になることもあります。

代表的なのが過去の返済延滞です。
ローンやクレジットの利用履歴は指定信用情報機関にて管理されており、カードローン会社はこの機関を通して申し込み者の信用情報を確認しています。

ここで重視するのが返済履歴で、一度でも滞納履歴があれば「この人はお金をきちんと返さない人」と判断され、借り入れするのが難しくなります。

約束通り期日を守って返済することが最低限のマナーです。
その最低限のことすら守れないような人には貸し付けしません。

返済滞納など金融事故を起こした人はブラックリスト入りと比喩されます。

銀行や消費者金融など正規の金融機関や貸金業者ですとブラックの人はまず融資を受けることは出来ません。
ブラックリスト入りは自己破産や債務整理をした場合も対象となります。

特に金融事故を起こしていない人でも働き始めたばかりの人も審査には通りにくいです。
返済能力を図る上でも勤続年数は重要な判断材料となります。
いくら公務員でも勤続年数が1年未満の人は収入が安定しているとは決していえません。

公務員ならよほどのことがない限りカードローンでのキャッシングが不可となることはないですから、お金を借りれる可能性は非常に高いです。

しかし上記で説明したように金融事故を起こしていたり勤続年数が短すぎる人ですと借りるのは難しいということはしっかりと頭に入れておくようにしましょう。

住信SBIネット銀行 Mrカードローン
mrカードローン

公式サイトはコチラ

じぶん銀行カードローン
じぶん銀行カードローン

公式サイトはコチラ