cashing61

総合ランキング

給料日までお金がない、給料日前なのに金欠で困った。

こんな経験をされたことがあるという方は多いのではないでしょうか?

毎回給料日前になるとお金がないという方は毎月の出費を見なす必要がありますが、なにか事情があって今月だけ給料日までお金がないという方もいらっしゃることでしょう。

一時的に「給料日までお金がない人」や「お金に困っている時」はどうやって乗り切ればよいのか?

今回は給料日までお金がないという方のために用立てする方法を解説していきたいと思います。

 

給料日までお金がないなら親兄弟に前借り

給料日までお金がないのであれば、親や兄弟など身内に頼れそうな人がいれば相談してみると良いでしょう。

お金に困ると直ぐに金融機関からお金を借りようと考える方も多いのですが、利息負担が大きいですから無計画に利用するのは危険です。

親や兄弟なら利息無しで貸してくれる可能性が高いですから、思い切って相談してみるのが良いかと思います。

但し、あまりにも金額が大きいと貸してくれれない可能性が高いばかりか何に使うのかと怪しまれてしまいます。

特に親なら心配してしまうことでしょう。

親や兄弟からお金を借りる場合は出来れば少額にしておきましょう。

 

また、その際は必ず給料日になったら返すことを約束することです。

返すあてのない人にお金を貸そうとは思わないはずです。

返してくれることを前提にしているからこそお金を貸してくれるわけですから、きちんと何時までにお金を返すかを相手に伝えましょう。

出来れば借用書を作ることをオススメします。

「身内だからそんなもの必要ない」と思うかもしれませんが、身内でのお金の貸し借りはトラブルになりやすいです。

後々トラブルに発展することがないようにきちんと証拠として書面に残しておきましょう。

 

無理ならカードローンで借りて給料日まで乗り切る

親や兄弟からの借金が難しく給料日までお金がないという場合は、カードローンやキャッシングの利用を検討します。

ただ、いきなり申し込みせずに、きちんと計画を立ててから申し込みするようにしましょう。

収入に見合った借り入れをしないと後々返済が苦しくなりますので、自分が希望する金額を借りた場合、それが無理のない借り入れなのか、毎月きちんと返済できるのか確認しましょう。

金融機関のホームページにて簡単にシュミレーション出来るツールが用意されていますので活用すると良いですよ。

 

金融機関からの借り入れは利息がつくのが大きなデメリットと言えます。

その為どうしても利用したくないという人も少なくありません。

そのような方は無利息キャッシングを提供している金融機関を検討してみると良いです。

大手消費者金融では指定された期間内に返済した分に関しては一切利息がかからないというもの。

例えば10万円借りて指定期間内に全部返せば利息ゼロ円で借りたということになります。

給料日までお金がないなど本当に一時的にお金が必要という場合には非常に便利なサービスです。

 

カードローンを利用するにも審査を通過しなければいけません。

審査と聞くと不安になる方も多いですが、審査で重視される項目は実はそんなにありません。

もちろん金融機関によって基準は異なりますが、大体重視する部分は共通しています。

1つは「返済能力」、もう1つが「信用力」です。

 

返済能力とはきちんと利息を付けて無理なく返済できるかどうかです。

毎月収入を得ていて尚且つ金額にバラつきがないことが重要です。

以下に収入が安定しているかを見ていますので、収入がない月があったり、月によって収入額が大きく違うという方は要注意です。

 

次に信用力ですが、これはローンやクレジットカードの利用履歴のことです。

特に重要なのは金融事故の有無です。

ローンの支払が滞っていたり自己破産や債務整理の履歴がある方は審査通過できません。

金融事故が1つでもあると審査に通ることは出来ませんので覚えておきましょう。

 

カードローンは銀行と消費者金融で取り扱いしています。

どっちで借りればよいのか迷うところですが、急いでいるなら消費者金融が良いです。

 

消費者金融は対応が早いですから、、申し込んだその日にお金を借りる事が可能です。

金利はやや高めですが、少額の借り入れなら利息負担はそこまで大きくなりません。

銀行は金利が安いですが融資までに時間がかかりますので、急いでいる場合は避けるべきです。

あくままでも給料日までお金がない等、一時的な理由でお金を借りる分には消費者金融で何ら問題ありません。

総合ランキング