緊急小口資金の審査

緊急小口資金は時間がかかる!
大手金融なら即日融資もOK!
↓ ↓ ↓ ↓

アイフル
アイフル

公式サイトはコチラ

Mrカードローン
Mrカードローン

公式サイトはコチラ

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン

公式サイトはコチラ

社会福祉協議会が提供する支援制度「緊急小口資金貸付」の審査基準は甘いのでしょうか?
ここでは緊急小口資金貸付について解説しています。

緊急小口資金貸付は誰でも簡単に利用できる支援制度ではありません。
申し込みは市役所ではなく社会福祉協議会となります。

申込をするにあたり以下の条件を満たしている必要があります。
・「所得が苦しく」お金に困っている「世帯」
・「一時的な生活困難状態」である
・「返済能力がある」

緊急小口資金貸付は個人ではなく世帯に対して貸付を行います。
その為世帯全体の状況を把握し支援が必要と判断される必要があります。
また世帯全員の了解を得る必要もあります。

あくまで一時的に生活が苦しい状態であり、今月を乗り切りさえすれば普段通り生活できるという場合でないと支援は認められません。
ですから長期的な貸付を目的としている方には認められない制度です。

貸付ですので必ず返済する必要がありますので、無職や失業中の方は返済能力が無いため利用出来ません。
また生活保護は借金等の返済に充てることが出来ないため、生活保護世帯もお金を借りることは出来ません。

以上のように緊急小口資金貸付を利用するためには厳しい条件が用意されています。
また面倒な手続きも多く、実際に貸付交付になるまでに5日~1週間程度かかります。
ただし利息がかかりませんので、かなり魅力的ではあります。

支援制度は他にも低所得者や高齢者が利用できる「生活福祉資金貸付」や、母子家庭のための「母子福祉資金貸付」といったものがあります。
国や市などが提供する支援制度は非常にありがたいものですが、どれも手続が面倒で時間がかかるものが殆どです。
また条件も厳しいです。

 

働いて安定収入があるのであれば消費者金融や銀行系カードローンで借りるのも一つの手です。
審査は決して甘くありませんが、緊急小口資金貸付のように複雑な条件は特にありません。
実際に利用している方の中にはパートやアルバイトも多くいらっしゃいます。

審査では収入や勤続年数が重要視されますが、年収額が高い必要はありません。
収入が安定していれば良く、勤続年数も何十年と長い期間務めていないと借りれないというものでもありません。
正社員のほうが審査には通りやすいですが、派遣や契約社員でも問題なく利用出来ますのでご安心を。
但し過去に債務整理などの事故情報が登録されている方は審査落ちしますので覚えておきましょう。

当然ですが収入がないことには申し込みできません。
働いていないという方は、まずはハローワークなどで職探しすることが先です。
カードローンは使徒目的が制限されていませんので、生活費や交遊費など様々な事に使用でき利便性が高いです。
また限度枠内であれば何度でも借入できますので、一枚持っていると役立つこと間違いなしです。

中小サラ金でもカードローンはあります。
審査が緩いので簡単にお金を借りる事が出来ますが、闇金融が多く危険です。
大手の消費者金融もしくは銀行系カードローンに申し込むのが安全ですよ。

アイフル
アイフル

公式サイトはコチラ

Mrカードローン
Mrカードローン

公式サイトはコチラ

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン

公式サイトはコチラ