大阪シティ信用金庫

↓ ↓ ↓ ↓

アイフル
アイフル

公式サイトはコチラ

Mrカードローン
Mrカードローン

公式サイトはコチラ

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン

公式サイトはコチラ

大阪シティ信用金庫は大阪市信用金庫・大阪東信用金庫・大福信用金庫が合併して発足した信用金庫です。

本店は大阪市中央区にあり、地域密着の営業スタイルで様々なサービスを提供しています。

信用金庫でも銀行や消費者金融同様に個人向けの融資商品を展開しています。

大阪シティ信用金庫で取扱うカードローンは2種類あり「アトワンス」と「アトワンスレディース」です。

大阪シティ信用金庫カードローン「アトワンス」

カードローン「アトワンス」は低金利かつ高額融資が魅力の一枚です。
年5.8%~14.6%、融資限度額は最高500万円まで対応しています。
当座貸越契約ですので限度額内で何度でもお金を借りる事が出来るので急な出費時にも安心です。
借入限度額は20万円若しくは30万円に限定されますが専業主婦・パート・アルバイト・派遣の方も利用可能です。
但し学生の方は申込不可となります。

毎月の返済額は借り入れ極度額毎に決められていますので、返済計画が立てやすく安心です。
返済日は毎月10日に返済口座余地自動的に返済となります。
また任意返済も可能ですので利息負担を軽減させることも出来ます。

保証は株式会社ジャックスが行いますので保証人と担保は不要です。
申し込みはインターネットもしくは店頭窓口にて出来ます。

大阪シティ信用金庫カードローン「アトワンス レディース」

カードローン「アトワンス レディース」は女性専用のカードローンです。
一昔前まではキャッシングするのは男性ばかりでしたが近年は女性でもキャッシングされる方が増加しています。
ですがその中にはカードローンを利用したいけど恥ずかしくて躊躇ってしまうという女性も少なくありません。
カードローンアトワンスレディースはそんな女性に向けたサービスです。
申し込みから融資まで全て女性従業員が対応しますので、安心してお金を借りる事が出来ます。
専業主婦の方も融資の対象となりますので気軽にも利用できますよ。
もちろん資金は自由に使うことが出来ますので、ショッピングや旅行、レジャー、生活費、急な出費など様々なことに使うことが出来ます。

融資限度額は10万円から最高で50万円。
融資金利は何と年9.0%と驚きの低金利設定。
銀行カードローンでも中々真似できない金利の低さです。
通常ローンは借入限度額が高ければ金利が低くなり、逆に限度額が低ければ金利は高くなります。
そうでないと十分な利益が得られません。
しかし信用金庫は営利目的としていないからこそ、少額の借入でもここまで低い金利設定が可能なのです。
限度額50万円以下を消費者金融で借り入れするとなれば金利は倍の18%ですから、大阪シティ信用金庫のカードローンが如何にお得なのかが分かりますね。

大阪シティ信用金庫の申し込みは店頭窓口が基本?

大阪シティ信用金庫のカードローンの申し込みはネット若しくは店頭窓口のどちらかとなります。
但しインターネットからの申し込みは自宅に固定電話がある方に限ります。
今は携帯電話やスマホが普及していますので自宅に固定電話がない家庭も多くなっていますので、申し込みに関してはやや不便に思えます。
またアトワンスレディースに至ってはネット申し込みは不可となり店頭で申込みしなければいけません。

店頭窓口で申し込みしたからといってその場ですぐに審査結果が分かるわけではなく、結果が出るのに数日かかります。
本契約は店頭窓口で行ないますので、どのみち最低でも1回は来店しなければいけませんので手間がかかります。
しかもローンカードは郵送での受け取りとなりますので、実際にキャッシングできるようになるまで結構な時間を要します。
当然ですが即日融資は不可ですから、急ぎの方には正直向いていません。

大阪シティ信用金庫の審査基準は厳しめで甘くはない

アトワンスを利用するには条件があります。
それは継続した安定収入があることと、勤続年数が2年以上あることもしくは自営業は3年以上です。
勤続年数1年以上で申し込みOKな金融機関が多い中で大阪シティ信用金庫のアトワンスは2年以上とやや厳し目です。
また学生の方は利用できないとしています。

大阪シティ信用金庫カードローンの保証会社は株式会社ジャックスです。
一般的に信販会社が保証会社を務めているローンは審査が柔軟と言われることが多いです。
しかし条件欄を見る限りでは決して審査は甘くないむしろ厳し目と思ったほうが良いでしょう。

アイフル
アイフル

公式サイトはコチラ

Mrカードローン
Mrカードローン

公式サイトはコチラ

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン

公式サイトはコチラ