親にお金を借りる

↓ ↓ ↓ ↓

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン

公式サイトはコチラ

じぶん銀行カードローン
じぶん銀行カードローン

公式サイトはコチラ

親にお金を借りる時なんて言い訳をして借りようか、親子間の関係が駄目にならないだろうか、自分は信用してもらえるのかと心配になる方は多いかと思います。

また親子間の借金なら口約束だけでそのままお金を借りても問題ないか、贈与税はかからないのだろうかといった心配もされることでしょう。

ここでは親にお金を借りる時の口実や注意すべき点について解説していきたいと思います。

親にお金を借りる場合でも借用書は必要?

親にお金を借りる時でも借用書は作成したほうが良いです。

数千円程度など本当に少額のお金を借りるなら必要ないかもしれませんが、まとまったお金を借りる場合例えば住宅ローンを組む際の頭金など、それを証明できる借用書や契約書は作ったほうが良いです。

「親なんだからそんな面倒な書類作らなくても良いでしょ」なんて思いがちですが、親に必要以上に迷惑をかけたくない、良好な関係を保ちたい、そう思うのであれば親にお金を借りる際は借用書は作るべきです。

中には「返せる時で良いから」という親御さんもいらっしゃる方も多いかと思います。

このように口約束だけで済ませてしまうケースは非常に多いですが、これは単に親子間の関係性を保つためだけではなく、実は税金が絡んでくるため借用書は作ったほうが良いと言われているのです。

「親子間のお金の貸し借りで税金がかかるの?」

そう驚く方も多いかもしれませんが、仮に口約束だけのやり取りだとしても贈与税は関係してきますので、面倒かもしれませんが借用書は作成するようにしましょう。

とは言え、借用書の書き方なんてわからないという方が殆どではないでしょうか。

日常生きていく中で自分で借用書を作成することなんてまずありませんから当然でしょう。

借用書とは簡単にいえば契約書のようなものと思っていただければ概ね問題ありません。

誰が・誰から・いつ・いくらの金額を借りたのか・金利はいくらなのか・返済日はいつなのか・毎月いくら返すのか・本人の署名・捺印を記載し契約を交わします。

借用書は手書きでも特に問題ありません。

金利など設定の仕方がわからないと言う場合は、銀行でのキャッシング等を参考にすると良いでしょう。

もちろん金融機関で設定されている金利で設定する必要はありませんので、この点に関しては親子で話しあって決めるのがトラブルにならず一番かと思います。

また捺印には親と子の両方のものが必要になりますので注意してください。

金額に応じて収入印紙をはることも忘れないようにしましょう。

借用書の書き方がわからないという場合は、税務署に相談するのが一番です。

返済は手渡しではなく銀行での口座振り込みを介して返済するようにします。

これはきちんと返済しているという証拠を作るためです。

親からお金を借りると税金が関係してくる?

親にお金を借りる時、どんなケースで税金が関係してくるのか気になるところかと思います。

銀行や貸金業者からお金を借りる際は当然ながら税金はかかりません。

あくまでも親から借りる場合に贈与税や相続性は関係してきます。

贈与税がかかるのは、借りた分のみつまり元金だけを返した場合は無利子で借りているわけですので、これに対して贈与税がかかります。

贈与税の金額は利子に相当するものとなります。

またお金を返すのは余裕が有る時で良いと言う場合も贈与税が関係してきますので注意してください。

親にお金を借りる時の言い訳や頼み方は?

親にお金を借りる時、なんて言い訳をすれば良いのか一番悩むという方は意外と多いのではないでしょうか?

社会人にもなって親に頼るなんて恥ずかしい、迷惑をかけて見っともないなど色々と考えてしまうものです。

親に心配をかけたくないという思いから嘘を付いてしまう方も多いのですが、親からすれば嘘をつかれることは非常に悲しいものです。

親なのに信用してもらえない、これほど悲しいことはありません。

心配かけたくないという気持ちから嘘をつきたくなる気持ちも分からなくもないです。

しかしだからこそ正直に今の自分の状況を両親に話し、借用書も作りきちんと返していく、その気持を伝えればむしろ親は安心してお金を貸せるというものです。

もちろん母親だけ父親だけなど片方にだけその事実を伝えるのではなく、きちんと両親に対してありのままを打ち明けお金を借りるようにしましょう。

どうしても親にお金を借りるのがイヤならカードローンやキャッシング

税金や借用書などそんな面倒なことをしてまで親にお金を借りるようなことはしたくないという方は、金融機関から借りるようにするのが良いでしょう。

カードローンやキャッシングなら担保も保証人も必要ありませんので、親や家族はもちろん誰にも迷惑をかけること無くお金を借りれます。

手続きや必要な書類も簡単ですから、一番手っ取り早くお金を借りる方法と言えるでしょう。

安定収入があり勤続年数1年以上、ローンやクレカの返済遅滞がなければ借りれる可能性は十分にあります。

但し未成年者は利用不可となりますので注意してください。