専業主婦キャッシング

個人でお金を借りることが出来る融資商品として銀行カードローンや、消費者金融会社のキャッシングがあります。

基本的には満20歳以上で安定収入のある方が融資対象であり、一部の銀行カードローンを除き、申込者本人に収入が無ければ借入をすることは出来ません。

つまり専業主婦というのは、本人に収入はありませんのでローンカードへの申し込みをするためには、配偶者貸付にする必要があります。

夫である配偶者に収入があれば審査をした上で、お金を借りることが出来ます。

逆に言うと、専業主婦単体でのキャッシングはできないということです。

また主婦の利用限度額についてですが、消費者金融の場合は総量規制が適用されるため、年収の1/3を超えるキャッシングは出来ません。

その点、銀行カードローンは総量規制対象外で、しかも収入証明書で低金利融資を実現しています。

こう比較してみますと、消費者金融よりも銀行カードローンの方がお得で便利な印象がありますが、審査時間が長いことから、即日にお金が必要な場合には不向きです。

もし銀行カードローンの利用をご検討されているのでしたら、利便性の高い大手の都市銀行を利用しましょう。

そして今すぐにまとまったお金を必要としている場合には、申し込みをしたその日にお金を借りられる大手消費者金融をオススメします。