cashing62

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン

公式サイトはコチラ

じぶん銀行カードローン
じぶん銀行カードローン

公式サイトはコチラ

少額でいいから即日でお金を借りたいという場合どうすれば良いのでしょうか?
急に結婚式に招待されて祝儀を用意しなければいけない、公共料金の引き落としが明日なのに残高が足らないなど、お金がチョットだけ必要という場合の用立て方法について解説していきます。

即日の少額融資ならカードローン!

マイカーローンや教育ローンのように利用目的が始めから決まっていて高額な借り入れを希望するのではなく、緊急でちょっとだけお金が必要という場合はカードローンによる小口融資がオススメです。
担保も保証人も必要ありませんので、面倒な手続きや書類の準備がないので申し込みから融資実行までの時間がとってもスピーディーです。

カードローンは銀行・信販会社・消費者金融にて取り扱いしていますが、即日で少額融資を受けるのであれば消費者金融がおすすめです。
銀行や信販会社は小口融資というよりも大口融資を希望する方向けな上に融資実行まで時間がかかりますので即日で借りれる可能性が非常に低いです。
大手消費者金融なら最短1時間で融資を受けることも可能ですから、即日で小口融資を希望なら大手消費者金融を選びましょう。

少額融資を即日で受ける具体的な方法

では即日でお金を借りるためには、具体的にどのように手続きを進めればよいのか解説していきます。

業者は上記で説明した通り大手消費者金融に申込みします。
申し込みには本人確認書類が必要となりますので、必ず用意しておきましょう。
運転免許証・パスポートのいずれかの顔写真がついているもので大丈夫です。
申し込み方法は様々ですが、一番早いのはインターネットからの申し込みです。
入力して送信ボタンを押すだけで申込みできますので手間がかからず早く申し込めます。

申し込み後、金融機関によっては申し込みを受け付けたことを伝えるために電話してくる場合もあります。
無事審査を通過しましたら本契約手続きへと入ります。
審査を通過すると金融機関から契約内容の説明などの電話が入りますので、電話にはすぐにででれる状態にしておきましょう。
大手消費者金融なら早ければ30分以内で審査結果の通知が来ます。

本契約はWEB上で行なうもしくは自動契約機で行なうかを選ぶことが出来ます。
契約方法は、借入を口座振り込みにするかローンカードにするかで違ってきます。
口座振込の場合は金融機関が指定口座へ入金するだけですのでそのままWEB上で契約を進めることになります。
ローンカードの場合はカードを受け取りに自動契約機へ行く必要がありますので、自動契約機で契約することになります。

口座振り込みは家から一歩も外に出ること無く融資が受けられますので非常に便利です。
但し注意点として銀行の営業時間を過ぎてしまうと翌日以降の入金となりますから、時間ギリギリの場合は選ばないほうが良いです。
14時までに契約が済んでいれば口座振り込みは間に合いますが、時間を過ぎている場合は口座振り込みによる即日融資は不可となります。
また土日祝日も口座振り込みは反映されませんので注意してください。
14時までに契約が完了すると必要な金額分が指定口座へ入金されますので、あとは銀行のキャッシュカードを使うなりネットバンキングで他行へ振り込みするなどしてください。

口座振り込みではなくローンカードで小口融資を受ける場合は、審査通過後に自動契約機へ行きましょう。
その際に必要書類を持っていくことを忘れないように注意してください。
自動契約機に入ると担当オペレーターが手続き方法を案内してくれますのでそれにしたがって進めていくだけでOKです。
契約が完了するとその場で契約書類が発行され最後にローンカードを受け取れば完了です。
後はATMにて必要な金額分だけ引き出せばOKです。
契約に必要な書類は全て発行されていますので後から郵送物が自宅に届くということはありません。

以上のように大手消費者金融なら簡単に借入することが出来ます。
10万円~20万円程度の小口融資なら手続きも時間がかかりませんのでその日に借りるのも難しくありません。
今日中にお金が必要という場合は小口融資専門である大手消費者金融に申込んでみてくださいね。

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン

公式サイトはコチラ

じぶん銀行カードローン
じぶん銀行カードローン

公式サイトはコチラ