信用金庫の審査基準

111

銀行ではなく信用金庫のカードローンで借り入れを考えている方も多いのではないでしょうか?

銀行カードローンは保証会社と銀行が審査するため厳しいのはよく聞きますが、信用金庫の審査基準はどうなのか気になるところですよね。

一般的に信用金庫のカードローン審査は銀行よりも厳しくないと言われています。

但しあくまでも銀行と比較してでの話であって、決して緩いということではありません。

また信用金庫の場合は、銀行とは利用条件が異なることが多いです。

パートやアルバイトでは申込不可だったり、会員にならないといけないなど信用金庫ならではの利用条件を設けています。

信用金庫は地域住民の相互扶助によって成り立っているため、このような条件が課せられているのでしょう。

審査基準は厳しめであることから融資額や金利は良いのかといいますと実はそこまで高スペックなものでもないのです。

金利こそ消費者金融よりも低めではありますが、融資額は基本的に少額のところが多いです。

利便性を重視しているわけではないため、融資実行までにも時間がかかり使い勝手は正直良くありません。

使い勝手が良い、利便性の高いカードローンを利用したいという方は信用金庫ではなく消費者金融を選ぶほうが良いでしょう。

消費者金融ならパートやアルバイトは申込不可としている所は殆どありませんし、実際に利用されている方も多くいます。

もちろん審査が甘いわけではありませんが、安定した収入があり、事故情報がなければ非正社員であってもお金を借りることは可能です。

正社員のほうが審査には通りやすいかもしれませんが、条件をきちんと満たしていればそこまで難しいものでもないのです。

審査では年収や勤続年数だけでなく信用情報も重要視されます。

指定信用情報機関という機関で、申込者の過去の借入履歴や返済状況が記録されています。

返済の遅延があったり自己破産をすると事故情報として記録が残ります。

事故情報があると審査落ちの可能性は非常に高くなりますので、覚えておくと良いでしょう。

申込時には本人確認書と収入証明書が必要です。

本人確認は運転免許証で、収入証明は給与明細書や課税証明書で問題ありません。

業者によってはインターネット上や自動契約機での手続きだけで借入でき、店舗に行かなくても利用できるところが多いです。

忙しくて時間がないという方はそのような業者を中心に選ぶと良いでしょう。

 

総合ランキングはココ!
111
即日融資ならココ!
222
収入証明不要はココ!
444