鳶職人のキャッシング
 

安心の大手アコムが一番人気!
↓ ↓ ↓ ↓

アコム


 
高い場所で作業を行うことが多く、常に危険と隣り合わせても言われる鳶職人。

とび職人にも幾つか種類があり「足場鳶」「鉄骨鳶」「重量鳶」があります。

初めは見習いからとなり、先輩の鳶職人の手伝いや思い資材の運搬作業がメインとなります。

体力的にも精神的にキツイと言われる鳶職人ですが、キャッシングで借入れするためにはどうすれば良いのでしょうか?

そもそも鳶職人でもお金を借りれるのでしょうか?

まず、カードローン会社から融資を受けるには審査に通過しなければいけません。

コレは鳶職人度としても同様です。

融資審査では収入や勤続年数、家族構成、持ち家か借家なのか等がチェックされる場合が多いです。

特に重要なのは収入と職場の勤続年数と言われており、逆にここをクリアしていれば、鳶職人だとしてもカードローンでお金を借りれる可能性は高くなります。

収入は金額よりも安定性を重要視しており、毎月の給料に波がないことが望ましいです。

ちなみに、鳶職人として現在の会社に勤めている「勤続年数」が短すぎると「安定しているとみなされない場合が多い」です。

ですので、働き始めたばかりの鳶職人さんでは、カードローンの審査には通過できない可能性が高くなります。

最低でも「3ヶ月~半年以上」は鳶職人として今の会社に勤めていないと厳しいかもしれません。

当たり前ですが、「見習い鳶職人」よりも「正社員として働いている鳶職人」のほうがより審査は有利になります。

ちなみに、低金利で融資を受けたいのであれば銀行系カードローンが最適です。

月々の返済も少なくて済みますから、無理のないキャッシング利用が可能です。

しかし審査は捕獲的厳しめですから、審査通過に自信がない鳶職人の方は無理に申し込まないほうがよいかも知れません。

もし、即日などの「いますぐ」にでもキャッシングしたいのであれば、大手の消費者金融のカードローンがオススメです。

大手消費者金融のカードローンは、指定された時間帯・曜日などの中でちゃんと契約が完了できれば、即日融資も可能なのです。

時間帯などは各消費者金融によって変わってきますので、よく確認しておくとよいでしょう。

大手消費者金融の審査基準は決して甘くありませんが、パートやアルバイトでも「毎月安定した収入がある」のであれば利用は可能です。

ですので、鳶職人として定職に就きちゃんと働いているのであれば、審査はそこまで心配ないかと思いますよ。