横浜銀行カードローン

↓ ↓ ↓ ↓

111

日本最大の地方銀行とも言われている横浜銀行。
CMにはイケメン若手俳優を起用するなど、抜群の知名度を誇っており、全国トップクラスの規模を持つ地方銀行です。
預金総額は11兆円以上、総資産額は13兆円以上にもなると言われています。
今回はそんな横浜銀行のカードローンについて紹介していきたいと思います。

横浜銀行カードローンの特徴

横浜銀行カードローンの特徴は低金利&高額融資にあります。
金利は年1.9%~14.6%となっています。
銀行カードローンの中では特別低いというわけでもありませんが、大手消費者金融に比べれば低金利といえますね。

融資限度額は10万円~最大で1000万円。
流石に全国トップクラスの地方銀行ともなると融資額も物凄いですね。
消費者金融はもちろんですがカードローンの中でも最高水準と言えます。
カードローンで1000万円を超える限度額を設定している所はありません。

次に挙げられる特徴としては即日融資に対応しているところでしょうか。
銀行カードローンでも即日融資に対応している所は多くなり、横浜銀行もその1つです。
しかも横浜銀行の口座を持っていなくても即日キャッシングが可能です。

3つ目に収入証明書不要で利用できる点です。
融資希望額が300万円までなら収入証明書不要で利用可能です。
収入証明書は身分証明書とは違い、すぐに用意できないことのほうが多いですから、面倒な書類提出無しで借りれるのは嬉しいですよね。

横浜銀行カードローンの即日融資の条件はかなり厳しい

横浜銀行カードローンは即日融資が化膿ですが、条件はかなり厳しいです。
申し込みはインターネットでも受け付けていますが、即日融資の場合は電話で申込みしなければいけません。
その際は必ず即日融資を希望していること伝え、平日12時半までに審査・審査回答・必要書類送付全てを済ませる必要があります。
横浜銀行のキャッシュカードをお持ちであれば、そのままATMから借入できます。
横浜銀行の口座をお持ちでない場合は、窓口で口座開設を行ない上記の手続きを平日11時までに済ませなければいけません。
平日の日中は仕事という方ですとほぼほぼ無理な条件といえますね。

横浜銀行は審査も利用条件も厳しい?

カードローンに申し込む上で気になるのが審査基準です。
銀行カードローンは低利で融資するため、その分審査が厳しいと言われており、それは横浜銀行も例外ではありません。
パート・アルバイトや専業主婦でもお金を借りることは可能ですが、これは決して審査が甘いという意味ではありません。
あくまでも借り入れできる可能性はありますが、実際は正社員でないとかなり厳しいと思ったほうが良いです。

横浜銀行カードローンは審査基準だけでなく利用基準も厳しいです。
いくら収入が安定していて信用力があっても、融資対象地域に今日中若しくは勤務していなければ申し込むことすら出来ないのです。
はまぎんカードローンを利用できるのは、神奈川県内、東京都内、群馬県前橋市・高崎市・桐生市に居住も如くは勤務している人のみとなります。
都市銀行ですと地域制限なく利用できるところが多いので、この点では都市銀行に劣っているといえます。

またはまぎんカードローンを利用するには横浜銀行の口座が必須となります。
口座無しでも利用できるというのは、あくまでも申し込み時点での話で実際に利用するには横浜銀行の口座がないといけず、ない場合は開設しなければ申込みできません。

更に返済は口座引落のみと1つしか方法が用意されていないのも残念な点といえます。
返済日も決められており、自身の都合に合わせることが出来ません。

都市銀行のカードローンに比べるとやや劣る部分もありますので、銀行カードローンを利用する場合は、色々と比較してじっくり決めるのが良いかと思います。