横浜バンクカード

↓ ↓ ↓ ↓

アイフル
アイフル

公式サイトはコチラ

Mrカードローン
Mrカードローン

公式サイトはコチラ

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン

公式サイトはコチラ

横浜銀行が販売提供する「横浜バンクカード」が非常に便利なのを知っていますか?
何が便利かといいますと、これ一枚にキャッシカード機能・クレジットカード機能・ローンカード機能・デビットカード機能が付加されているんです。
オールインワン型カードでショッピングにも食事にも、更に急な出費でお財布がピンチの時でも役立ちます。
更に携帯やスマホのモバイル端末から決済できるiDサービスも付加されています。
横浜銀行の口座をお持ちの方は利用を検討する価値があるカードと言えます。

日常生活の中で予想もしなかった出費に出くわすなんてことありませんか?
口座に残高があれば良いですが、中々そうも行かないことのほうが多いのではないでしょうか。
横浜バンクカードなら急な出費時でもサッとキャッシングできるからとっても便利ですよ。
今回は横浜バンクカードのキャッシングについて解説していきたいと思います。

横浜銀行バンクカードのローンの特徴

横浜バンクカードは年会費無料で作ることが出来ます。
クレジットカードには数千円の年会費がかかるものも多いですから無料で作れるのは有り難いですよね。
ショッピング利用限度額は最大で40万円、ゴールドは70万円までとなります。
キャッシングの利用可能額は5~10万円、海外ですと最高30万円相当まで使うことが出来ます。
分割払い手数料は年10.00%~12.25%、リボルビング払い手数料は年15.00%となります。

横浜バンクカードははまぎん毎ポイントを利用することで横浜銀行と取引するたびにポイントが溜まっていきます。
たまったポイントはキャッシュバックやATM利用手数料無料、更に時間外手数料半額にすることが出来ます。
よりお得に横浜銀行を利用することが出来る一枚なんですよ。

横浜バンクカードの作り方はとっても簡単です。
公式サイトへアクセスし申し込みするだけでOK。
もちろん郵送での申し込みも可能です。
審査通過後にカードが発行され自宅に届いたらその日か利用開始となります。
クレジットカードを作るのって面倒なイメージが有りますが、横浜バンクカードはとっても簡単に作れますよ。

横浜バンクカードは引き落とし時の残高不足を自動的に立て替えしてくれる機能があります。
光熱費や公共料金の引き落とし時、入金忘れで残高不足になっていて引き落としされなかったなんて経験をされたことがある方は意外と多いのではないでしょうか?
仕事などで忙しくてついつい忘れがちになってしまいますよね。
しかし横浜バンクカードなら口座引落時に残高不足になっていても、不足分を自動的に立て替えてくれるので安心。

更に引き落とし時だけでなく急な物入りの時にも対応できます。
友達に飲みに誘われた、結婚式に招待された等など予想もしていなかった急な物入りでも横浜バンクカードで気軽にお金を借りる事ができるので安心。
横浜銀行はもちろんの事、コンビニATMでも利用可能ですから場所も時間も選ばずキャシング可能です。

横浜銀行バンクカードでキャッシングする方法

横浜銀行バンクカードローンとして利用するには横浜銀行もしくはコンビニのATMを使用します。
暗証番号を入力するだけで希望する金額をキャッシングすることが出来ます。
カードローンを利用しても、指定口座の残金は変わりませんので安心してくださいね。

横浜銀行バンクカードローンで自動融資機能も利用可能です。
これは上記で説明した通り、口座引落時に残高不足でもその不足分をキャッシング利用可能枠の範囲内で自動で融資してくれます。
うっかり入金を忘れていたなんて時にも横浜銀行バンクカードローンは役立ちます。

横浜銀行バンクカードのキャッシングは審査はある?

横浜バンクカードを作るには審査をクリアしなければいけません。
利用対象年齢は満18歳以上満70歳以下の方となります。
但し横浜銀行バンクカードローンを利用できるのは満20歳以上66最以下の方のみとなりますので注意してください。
学生、主婦、20歳未満の社会人の方は横浜銀行バンクカードローンの利用は不可となります。

審査基準ですが、銀行が発行するカードですのでかなり厳しい方と見てよいでしょう。
働いて安定収入があること、1年以上の勤務実績があること、金融事故を一切起こしていないこと、これらの条件を満たしていないと審査に通るのは難しいです。
安定的収入があっても返済遅滞や債務整理の履歴があるような方は先ず審査に通りません。
逆に金融事故を全く起こしていなくても収入が安定していなくても審査通過は無理です。
どちらの条件も満たして初めて審査通過の可能性があると思ってください。
特に銀行の審査は厳しいですから、申し込み前にきちんと條件を満たしているか確認しましょう。

アイフル
アイフル

公式サイトはコチラ

Mrカードローン
Mrカードローン

公式サイトはコチラ

三井住友銀行カードローン
三井住友銀行カードローン

公式サイトはコチラ