在日のキャッシング
借りるなら大手が安心!

↓ ↓ ↓ ↓

住信SBIネット銀行 Mrカードローン
mrカードローン

公式サイトはコチラ

じぶん銀行カードローン
じぶん銀行カードローン

公式サイトはコチラ

 

ニュースなどでも度々耳にする「在日」とはどういう人のことを指すのかご存知でしょうか?

在日外国人とは日本に在住しながらも外国籍を有する人のことを指します。

日本では二重国籍は認められていませんので、あくまでも日本国籍を有しているわけではないです。

 

但し原則ですからもちろん例外もあります。

例えば在日アメリカ人・在日韓国人・在日朝鮮人・在日米軍といったようにです。

その逆も然りで例えば中国に在住している日本人なら在中日本人と表現されることもあるのです。

中には在日とだけ表現されることも多く、多くは韓国人や朝鮮人を指す時に使用されることが多いようです。

 

日本国籍であれば朝鮮人でも韓国人でも日本人となりますので、その点はお間違えないように。

今回は在日外国人でもカードローンやキャッシングを利用することができるのかについて見ていきたいと思います。

 

在日外国人でも消費者金融やカードローンは利用OK?

結論から言えば在日外国人でもカードローンでの借入は可能となります。

但し我々日本人に比べると利用条件はかなり厳しものとなるため、簡単にお金を借りれることはありません。

 

消費者金融の中には永住権があり尚且つ外国人登録証明書があれば外国籍の方でも貸付しているところはあります。

しかし途中から貸出を止めてしまう消費者金融も多くなったのも事実です。

というのも、もし何か問題が起きた場合、本国に帰られてしまう恐れがあり回収不能になるかもしれないからです。

 

ですがこのような理由で貸し付けを断っているとのことを表立って表記している消費者金融はありません。

恐らく差別に繋がると考えてのことでしょう。

 

とは言え、在日外国人でも消費者金融のカードローンでお金を借りれる可能性が無いわけではありません。

在日外国人がカードローンを利用するための条件は下記のクリアしていることとなります。

・原則10年以上継続して日本に在留していることを条件として認定された一般永住者
・戦前から居住する特別永住者
・日本人の配偶者を持つ在日外国人

上記の条件をクリアしている方であればお金を借りれる可能性はあります。

 

在日外国人に対して審査は甘い?厳しい?

在日外国人が消費者金融でお金を借りるには当然審査をクリアしなければいけません。

審査は日本人であっても厳しいものですからこれをクリアするのは決して簡単なことではありません。

 

在日外国人がカードローンを利用するのが難しいのは、上記でも説明した通り国外に出てしまう恐れがあるという理由からです。

また、それだけでなく言葉の壁も理由として考えられます。

在日外国人の場合、日本語は話せても字の読み書きができないという方は非常に多いです。

 

ですから契約内容を理解できなかったり、申込書類を用意するのが難しいため、融資を断念しなければいけないと言うことも考えられます。

消費者金融や銀行の中には、日本語のコミュニケーション能力を審査基準に設けているところもある程です。

 

在日外国人でも借りれるカードローンは消費者金融だけに限らず、銀行でも貸し付けている所はいくつかあります。

消費者金融よりも審査は厳しくなりますが金利が低くなりますので、利用を検討してみると良いでしょう。

 

消費者金融や銀行によっては在日外国人ということだけで融資不可とするところもあります。

どのようにして判別すれば良いのか分からないという方も多いかと思います。

ホームページの中に記載されている、申し込みに必要な書類欄のところに「外国人登録証明書」と記載されている場合は在日外国人でも借り入れできる可能性があると思ってよいです。